スケジューラーを Lightning に引っ越し

個人的環境乗り換え月間なのd(ry スケジューラも,今までは mhc on Emacs を使っていた. 仕事関係のスケジュールに関しては使うシステムが決まっているので,仕事以外の予定だけを手元に入れて,休暇や早めに帰る日の予定だけを時々手動で転記.たいした量ではないので,これに関しては今後も同じでいいだろう. プライベートな予定も,過去のものを移すことを考えなければ(笑)10件前後だったので,とりあえず新しいスケジューラを試用してみることにした. メールで予定がくることが多いので,メーラとスケジューラがくっついていれば使いやすいと考えて Thunderbird のアドオンを探してみると,Lightning というスケジューラを見つけた.Google Calendar との連携もできるらしい.Google Calendar は全く使っていなかったので,これを期にそちらも使ってみればいいかな… ということで,まずは気軽に乗り換えることに.

Lightning のインストールと設定

Thunderbird のアドオンなので,アドオンメニューから検索してインストールボタンを押すだけでインストールされる.Google Calendar との連携には Provider for Google Calendar というアドオンも必要ということで,そちらも一緒にインストール. 必要な設定は表示周りぐらい.自分の生活パターンに合わせて,デフォルトの表示範囲などを調整.

Lightning を使ってみる

表示メニューからカレンダーを開くと画面が出て,ダブルクリックすると入力窓が立ち上がる.特に考えなくても使えるので,このあたりは省略. Google Calendar とのデータ連係は,カレンダー一覧から右クリックして「新規カレンダー」を選択.「ネットワークのサーバに保存する」から「Google Calendar」を選択.カレンダーの URL は,Google Calendar の設定画面から取得できる. 限定公開 URL の方を入れても Google アカウントのパスワードを聞かれる… という謎な挙動があるが,下記で固有のパスワードを生成してからそれを入力したらうまく読み込めた. そのカレンダーに対して予定を入力すると,Google Calendar にも予定が反映されることを確認. デフォルトのカレンダーはからっぽなので,Google Calendar の「日本の祝日」なども追加しておくことにする. calendar-sample

微妙な点

おおむね問題なく使えているけど,一部問題が. 移動した後なんかに,カレンダー表示がからっぽになっていることがある.何度かあるけど再現性は不明.とりあえず,ネットワーク的に切れた後に戻らない雰囲気. Thunderbird を立ち上げ直せば復帰するので気にしないことにする方向で.

Thunderbird を使ってみる (1)

引き続き個人的環境乗り換え月間ということで,Emacs に依存しすぎている自分の生活を見直す活動(笑).今回はメール環境を Mew から Thunderbird に引っ越してみることにした.

下準備

以前に POP から IMAP への乗り換えは済ませていたので,メーラを乗り換えるのは比較的簡単.ローカルに置いてあるファイルだけをなんとかすればいい.

ざっと調べてみると,直近の送信済みメールと下書きぐらいだったので,それぞれ IMAP サーバに前もって転送する.下書き(draft)は,そのまま転送したら上手くいかなかったので,いったん自分にメールして対処^^;.まあ,一度だけだし…

アドレス帳は,まったく使っていないわけではなかったけど,そんなにメンテナンスもしていなかったので移行は考えず.

下準備はこんな感じで.手元の環境をすぐに消すわけではないので,えいやっと乗り換えてみて,あまりに困ったら戻ればいい.

インストール & 基本設定

Thunderbird でぐぐってインストール.実は Windows には,端末故障なんかの緊急時用にインストールして設定までしてあるんだけど,Mac 版はダウンロードするのも初めて.

しかし,たくさん使われているパッケージだけあって,特に何事もなく終了.

IMAP サーバに繋ぐための設定も,インストラクションがあるのでそのとおりに… と思ったら,「完了」ボタンを押してもサーバに繋がらない旨のメッセージが出てうまくいかず.いったん抜けて,間違いつつも保存されていた設定をいじったら繋がるようになった.このあたりはサーバ設定も含めた環境との兼ね合いもあるので,詳細は省略.

メールの送受信を確認して動作確認は終了.

使っているフォルダをざっくりと「購読」する.いまどきフォルダわけもなぁ… と思いつつも,ML なんかはすでに振り分け設定も持っていたりするので,当面はいままでを踏襲することに.そのうちなんでもアーカイブ + タグ(ラベル?)付け + 検索フォルダでの運用も試してみたいところ.

メッセージフィルタを設定

迷惑メールはサーバ側で別フォルダに移動されるが,その他,普通のメール振り分けは,手元のメッセージフィルタ設定を使う.

任意のヘッダ文字列でひっかけて,該当するメールをフォルダに移動.未読マークの処理も記述できるので,振り分け後に「未読フォルダ」に表示されるかどうかをコントロールできる.

このあたりは今までよりも柔軟になるし,要チェックのメールには「スター」が,チェック必須なフォルダには「お気に入り」がつけられるので,見落としの危険性はむしろ減りそうな気がする(笑).

条件にマッチするメールを検索して表示する,検索フォルダを作成する.

「ファイル」->「新規作成」->「検索フォルダ」で,特にはまることなく作成できた.

対象フォルダがひとつずつしか選べないのが困ったところ.全部を対象にする検索フォルダを作るためには,「SavedSearchThemAll」アドオンを入れるのが簡単だった.

細々と設定

そんなにメモを取らなかったので,覚えている範囲で列挙^^;

  • フォントサイズを少し小さめ(11pt)に変更.
  • 下書きの保存間隔を1分に
  • 迷惑メール判断を解除
    • サーバ側で判定しているので,それだけを利用することにした
  • マスターパスワードを設定
  • アドレス帳に登録済みでも,メールアドレスを表示するように変更
  • ~/.signature を読み込むように設定
  • 「下書き」「送信済み」などは IMAP サーバに保存する
  • メッセージの保管で「アーカイブ」を使う
  • HTML 形式でのメッセージ編集はしない

アドオンを追加

ぐぐって,おすすめされていたり気になったアドオンを追加.

  • Display User Agent
    • User Agent からアイコンを出す.絵が見えるとけっこういい.
  • Folder Pane View Switcher
    • 未読フォルダなどを簡単に切り替えるボタンを表示する.メニューから選ぶのは面倒だったので,入れたら楽になった.
  • Nostalgy
    • メールのフォルダ移動などをキーボードでできるようになる.ドラッグアンドドロップしたり,フォルダリストをマウスでたぐったりしなくてよくなるので便利.
  • QuoteCollapse
    • 引用を短縮表示.最近は末尾にだらだらと長い引用をつける人が多いので,表示が縮められるのは嬉しい.
  • SavedSearchThemAll
    • 検索フォルダの検索対象を全フォルダに拡張する.指定してあるフォルダのサブフォルダが全て検索されるようになる.対象フォルダをぷちぷち地道にクリックする必要がなくなるのでとても便利… というか,サブフォルダ全部,ぐらいは標準で用意して欲しい.
  • SlideShow
    • 添付ファイルをスライドショー的に見れる.
  • XNote++
    • メッセージに付箋を貼り付けて保存する.らしい.まだ使ってみていない.
  • 後で送信
    • メールを時間指定で送信する.まだ使ってみていない.使いそうな気がしたので入れてみたが,やっぱり使わないように思えてきた… ^^;

使い方

今までは,

  • すべてのメールはいったん INBOX へ (迷惑メールを除く)
  • 処理していないメールは INBOX に残す
  • 処理したメールから保存用のフォルダに移動する

という感じでメールを処理していた.

今回環境を引っ越したので,当面はとりあえず下記のような感じで生活してみようかと.

  • 届いたメールはフィルタでフォルダに振り分ける
  • 未読フォルダ機能を使って,必要そうなメールを読む
  • INBOX のメールは,フォルダ振り分け,アーカイブ,削除などで速やかに処理する
    • 返信や何らかの処理が必要なメールには「スター」をつけて振り分ける
  • 「スター」付きメールを一覧する『検索フォルダ』を作って,定期的にチェックする.

WordPress を Markdown 書式で更新する (2): Weblogger Mode

WordPress を Markdown 書式で更新する (1)で Markdown 書式を HTML にできたので,それを WordPress (この blog) に投稿する手順を調べてみた.

Weblogger Mode をインストール & 設定

まずは,プログラムから投稿するために WordPress の XML-RPC インターフェースを有効にする.Wordpress なので設定メニューをクリックするだけで OK.これは org2blog を試したときにやってあったので,今回は省略.

Emacs から WordPress への投稿についてググってみたところ,Weblogger Modeを使えばいいらしいので,インストール & 設定してみる.

上記ページを参考に,weblogger.el をダウンロードして site-lisp ディレクトリに放り込む.

;; weblogger
(require 'weblogger)
(global-set-key (kbd "C-c b") 'weblogger-start-entry)

M-x weblogger-setup-weblog RET を実行すると,設定が必要な項目を順番に聞かれるので入力していく.

これで Weblogger Mode の設定は終了.

記事の投稿

M-x weblogger-start-entry RET で投稿エントリを作成開始.次のような感じで,記事のヘッダが入ったバッファが表示される.

Subject: blog 記事のタイトルを入力
Keywords: 記事のタグを入力? (試してない)
Date: 日付文字列
From: 投稿者
Newsgroup: 投稿する blog 名称
--text follows this line--

Subject:Keywords: 以外はデフォルト値が入っているので,だいたいは Subject: だけ入力している.どうも Date: フィールドでタイムゾーンがうまく扱われていないらしく,投稿後に確認すると9時間ずれている.ググってみると +0900 をつけたらうまくいったという記述も見かけたんだけど… とりあえず,投稿日付は編集したいことが多いので気にしないことにした.

本文は Markdown から生成した HTML を C-x i で読み込む.そのままだと HTML ヘッダも含まれてしまっているので, <body>〜</body> の中身だけ残して削除.このへんもちょっと elisp を書いたら対応できそうではあるけど,記事の HTML をいちおう確認して投稿したいので手動対応で.書くの面倒だし(ぉぃ).

いくつか記事を作って試してみて,下記のルールで書けばそのまま張り込めそうということがわかった.

  • 見出しは ### (h3) 以下のレベルを使い,必ずなにかのタグ [tag] をつける
  • コードブロックは <p>[コード]〜[/コード]</p> で囲む
    • あまりスマートじゃないけど,SyntaxHighlighter で使う [コード] は HTML タグじゃないからしょうがない…

ちょっと手作業が入るけど,ブラウザの入力窓で書くのと比べたら断然楽だし,手元に元ファイルが残るので,しばらくこの手でいくことに決めた.最近の数エントリは実際に上記の手順で更新してます.