Time Machine のステータスバー表示と環境設定の表示が一致しない

最近、ふと気がつくと Time Machine のステータスバー表示がエラーになっていることが多くて、ちょっと気になっていた。自動バックアップが働くはずの場所でエラー表示になっている場合、ポップアップの表示はこんな感じ。 Time Machine ポップアップ ここで Time Machine 環境設定を開くと… tm-env バックアップできてるみたい… ステータスバーの表示が更新されていないということか。どうしてこうなるんだろうな…
Posted in Mac

Apple Time Capsule の HDD を交換する

Time Capsule の HDD が壊れたので、どうしようか色々考えたが、とりあえず HDD を買ってきて入れ替えてみることにした。もう数年前の製品だから修理に出すのもアレだし、もし使えなかったとしても HDD はそのまま他に使えるし、まずは試してみようと。 まずは裏蓋をはがす。マイナスドライバーでとっかかりを作ってから徐々に引っ張るとはがれてきた。途中で破れてしまったけど、また貼り付けるだけなので気にしないことにする ^^; 14060400 はがれたら、見えているネジを外す。ゴムの輪に囲まれている場所は中の HDD の足になっている部分なので、今は外さなくても大丈夫。 14060401 逆さにすると簡単に開く。電源側だけファンのケーブルが付いているので、それだけ注意。 14060402 HDD に張り付いている温度センサー(?)をはがす。 14060403 HDD は特に固定されていないので、ケーブルを抜けばはずれます。 14060404 HDD に付いている、出っ張ったネジを外す。これが蓋の穴にはまって固定するようになっている。 14060405 蓋側の穴はこんな感じ。制震用のゴムもついてますね。 14060406 新しい HDD にネジをつけてケーブルを挿し、元の場所に置く。温度センサーを適当な場所に戻す。 14060407 蓋をして仮止め。電源を入れたら無事認識した。 14060408 あとは AirMac ユーティリティで初期化すれば、再び HDD が見えるようになります。 Time Machine を再設定して、再び 300GB ほどのバックアップ… ミーティングで移動したりもするので、だいたい 50GB/日ぐらいのペースで、数日かけて最初のバックアップが終わりました。とりあえずリーズナブルに生き返ってよかったw