Ruby/env


Ruby 環境の作成

Ruby で複数のバージョンを混在可能なインストール方法.rvm (Ruby Version Manager) の使い方.

rvm のインストール

RVM: Ruby Version Manager - Installing RVM を参照.そのまま実行する. 途中で証明書に関するエラーが出る場合,curl の問題なので ca-certs ファイルを置き換える. ruby - rvm install 1.8.7-head errors on centos 5.5 - Stack Overflow
$ sudo cp /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt.orig $ sudo curl http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem -o /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
rvm notes の出力を参考に,必要なパッケージを追加する.
$ sudo yum -y install libxslt libffi-devel

ruby のインストール

好みの ruby をインストールする.
$ rvm install 1.9.2

使用する ruby の選択

use <version> で,使用する ruby を選択する.--default オプションを指定することで,そのバージョンがデフォルトで呼び出されるようになる.
$ rvm use 1.9.2 --default Using /home/momo/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p290
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.