sshfs (FUSE for OS X) をインストール

エディタと言えば,長らく Emacs を使っているわけですが,「やはり他の環境ももっと使ってみなければ!」と強く感じているので,重い腰を上げて他のエディタを使う準備をすることにした.

Emacs から離れられない大きな理由の 1 つが Tramp で,ssh 越しに遠隔地にあるファイルを編集することが多い私には欠かせない逸品.しかし,こういう機能を持ったエディタは他に知らないので,これ自体が足かせになるわけで.まずはこの機能の代替品探しから始めることに.

インストール

リモートのファイルが手元にあるように見えれば,どのエディタを使っても良いことになる.sshfs をまずは試してみることにした.

Mac 用について調べてみたところ,下記をインストールすればよさげ.

このページにある OSXFUSE, SSHFS パッケージをダウンロードしてインストール.特に問題なくインストール完了.

試してみる

手近な ssh ログインできるホストで試してみる.

mkdir ~/mnt
sshfs host:/path/to/dir ~/mnt
ls -l ~/mnt

ファイルリストが表示された.

使い終わったら普通に umount すれば接続解除される.

umount ~/mnt

多段 ssh

踏み台を踏んだ先にあるファイルを編集するため,多段 ssh の設定を行う.

~/.ssh/config に下記の設定を追加.

Host remote-host
    ProxyCommand ssh gateway-host nc %h %p
    ServerAliveInterval 15    # タイムアウトさせないための設定

接続するときは下記のように指定する.

sshfs -o reconnect remote-host:/path/to/dir ~/mnt

上記のコマンドをエイリアス登録などしておけば OK.これでリモートのファイルを普通に編集できるようになった.

Mailman の引っ越し

さくらの VPS でプランを乗り換えたので,サーバの引っ越しをする必要ができた. ML の引っ越しのために,Mailman の設定移行方法をメモ.

Mailman はパッケージで導入.普通に入れたら英語環境だけになってしまったので, インストール後にパッケージ設定をもう一度叩いて,日本語環境をインストール.

$ sudo dpkg-reconfigure mailman

パーミッションをチェックするプログラムを実行.

$ sudo check_perms -f

サイトの管理者パスワードを設定.

$ sudo mmsitepass

基本設定をする.基本的には mm_cfg.py を書き写していくだけ.

mailman の生成する aliases ファイルを参照するように,Postfix を設定. Apache も引っ越し元を参考にしながら設定を写す.

引っ越し元サーバの mailman ディレクトリ以下, lists ディレクトリに ML の設定があるので, 必要な ML のディレクトリを丸ごとコピーする.

archive ディレクトリに過去記事があるので,private または public ディレクトリも丸ごとコピー.

mailman/bin/genalias コマンドで aliases を設定.

ML の管理者パスワードだけが,上記の方法ではコピーできない. ML ごとにパスワードを設定し直す.

5/10追記: 上記の手順では,各 ML の設定ファイルに埋まっているサイトの URL が変更されない.URL が違うために,投稿が保留されたメールの承認などができなくなった.修正するためには次のコマンドを実行する.

$ sudo withlist -l -r fix_url ML名

MySQL 5.5 install on CentOS 6.2

CentOS 6.2 に MySQL 5.5 をインストールしようとしたら, 依存関係があってちょっと悩んだ. 具体的には,postfix などが依存している mysql-libs 5.1 がコンフリクトする. この依存関係をどう解消したものかと調べてみると, remi というリポジトリのものを使っているようだった. ひとまずそれにならってインストールしてみることにする.

  1. epel, remi をインストール
    sudo rpm -Uvh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
    sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
    
  2. mysql 関連パッケージをアップデート
    sudo yum -y –enablerepo=remi install mysql-server mysql-devel mysql-client
    
  3. mysqld 設定
    sudo chkconfig mysqld on
    sudo service mysqld start
    sudo mysql_secure_installation
    
  4. httpd, phpMyAdmin をインストール
    sudo yum -y install --enablerepo=epel,remi httpd php phpMyAdmin php-mysql
    
  5. phpMyAdmin 設定
    sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
    

参考: