ubuntu server に自動アップデート設定

ubuntu server にセキュリティパッチなどを自動アップデートするように設定する. unattended-upgrades パッケージを入れればOK.

apt-get update
apt-get install unattended-upgrades

設定ファイルは /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades にある.

適用するアップデート種類を指定する場合はこちらを編集.

Unattended-Upgrade::Allowed-Origins {
        "${distro_id} ${distro_codename}-security";
//      "${distro_id} ${distro_codename}-updates";
//      "${distro_id} ${distro_codename}-proposed";
//      "${distro_id} ${distro_codename}-backports";
};

自動アップデートの対象にしたくないパッケージはここに記述する.

Unattended-Upgrade::Package-Blacklist {
//      "vim";
//      "libc6";
//      "libc6-dev";
//      "libc6-i686";
};

アップデートログをメールで送る設定. 成功/失敗共に送ったり,失敗したときのみ送ったりできる.

// Send email to this address for problems or packages upgrades
// If empty or unset then no email is sent, make sure that you
// have a working mail setup on your system. The package 'mailx'
// must be installed or anything that provides /usr/bin/mail.
Unattended-Upgrade::Mail "root@localhost";

// Set this value to "true" to get emails only on errors. Default
// is to always send a mail if Unattended-Upgrade::Mail is set
//Unattended-Upgrade::MailOnlyOnError "true";

MySQL 5.5 install on CentOS 6.2

CentOS 6.2 に MySQL 5.5 をインストールしようとしたら, 依存関係があってちょっと悩んだ. 具体的には,postfix などが依存している mysql-libs 5.1 がコンフリクトする. この依存関係をどう解消したものかと調べてみると, remi というリポジトリのものを使っているようだった. ひとまずそれにならってインストールしてみることにする.

  1. epel, remi をインストール
    sudo rpm -Uvh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
    sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
    
  2. mysql 関連パッケージをアップデート
    sudo yum -y –enablerepo=remi install mysql-server mysql-devel mysql-client
    
  3. mysqld 設定
    sudo chkconfig mysqld on
    sudo service mysqld start
    sudo mysql_secure_installation
    
  4. httpd, phpMyAdmin をインストール
    sudo yum -y install --enablerepo=epel,remi httpd php phpMyAdmin php-mysql
    
  5. phpMyAdmin 設定
    sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
    

参考:

Apache 2.4.1 install

Apache 2.4.1 をインストールしてみる.

2.4 系では,APR, APR-Utilは添付されなくなったようだ. 自分で取得してインストールすることにする. 一緒にインストールする手段もあるけど, 別に入れておいてもいいのでそちらの方法で.

$ cd work/apr-1.4.6
$ ./configure --prefix=/var/service/local
$ make
$ make test
$ make install
$ cd ../apr-util-1.4.1
$ ./configure --prefix=/var/service/local
$ make
$ make test
$ make install

httpd をインストール.configureの段階で足りないライブラリは足しておくこと.

$ ./configure --prefix=/var/service/local/apache24 \
    --with-apr=/var/service/local \
    --with-apr-util=/var/service/local \
    --enable-mods-shared="reallyall"
$ make
$ make install

特に問題なくインストール完了.