スケジューラーを Lightning に引っ越し

Pocket

個人的環境乗り換え月間なのd(ry スケジューラも,今までは mhc on Emacs を使っていた. 仕事関係のスケジュールに関しては使うシステムが決まっているので,仕事以外の予定だけを手元に入れて,休暇や早めに帰る日の予定だけを時々手動で転記.たいした量ではないので,これに関しては今後も同じでいいだろう. プライベートな予定も,過去のものを移すことを考えなければ(笑)10件前後だったので,とりあえず新しいスケジューラを試用してみることにした. メールで予定がくることが多いので,メーラとスケジューラがくっついていれば使いやすいと考えて Thunderbird のアドオンを探してみると,Lightning というスケジューラを見つけた.Google Calendar との連携もできるらしい.Google Calendar は全く使っていなかったので,これを期にそちらも使ってみればいいかな… ということで,まずは気軽に乗り換えることに.

Lightning のインストールと設定

Thunderbird のアドオンなので,アドオンメニューから検索してインストールボタンを押すだけでインストールされる.Google Calendar との連携には Provider for Google Calendar というアドオンも必要ということで,そちらも一緒にインストール. 必要な設定は表示周りぐらい.自分の生活パターンに合わせて,デフォルトの表示範囲などを調整.

Lightning を使ってみる

表示メニューからカレンダーを開くと画面が出て,ダブルクリックすると入力窓が立ち上がる.特に考えなくても使えるので,このあたりは省略. Google Calendar とのデータ連係は,カレンダー一覧から右クリックして「新規カレンダー」を選択.「ネットワークのサーバに保存する」から「Google Calendar」を選択.カレンダーの URL は,Google Calendar の設定画面から取得できる. 限定公開 URL の方を入れても Google アカウントのパスワードを聞かれる… という謎な挙動があるが,下記で固有のパスワードを生成してからそれを入力したらうまく読み込めた. そのカレンダーに対して予定を入力すると,Google Calendar にも予定が反映されることを確認. デフォルトのカレンダーはからっぽなので,Google Calendar の「日本の祝日」なども追加しておくことにする. calendar-sample

微妙な点

おおむね問題なく使えているけど,一部問題が. 移動した後なんかに,カレンダー表示がからっぽになっていることがある.何度かあるけど再現性は不明.とりあえず,ネットワーク的に切れた後に戻らない雰囲気. Thunderbird を立ち上げ直せば復帰するので気にしないことにする方向で.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.