WordPress を Markdown 書式で更新する (1)


いいかげん放置状態の日記もなんとかしないとなぁ… と思い立つ.

更新がどうしても滞るのは,書くのに手間がかかるから… いや,本文を書くのに時間がかかるのはしょうがないんだけど,それ以外の部分は簡単にしたい…^^;

なによりも筆が,いや,指が重くなるのは Web の Form から入力する部分.それであれば Emacs から更新できればいいよなーと.そう思って,以前,org2blog というものを試してみたことがあって,これはこれでちゃんと更新はできところまではやったんだけど,org-mode の書式にどうにも慣れられずに頓挫 orz.

それぞれに利点があるのは分かるんだけど,Wiki にしてもそんなにたくさんの書式は使い分けたくないよ…

そこで今回は,自作のシステムで使ったのでちょっとなじみがあり,github でも使われている Markdown 書式を使って更新することにした.

markdown-mode.el のインストール

まずは markdown-mode.el を使えるようにする.下記のページから markdown-mode.el をダウンロード.

Markdown 記法を解釈する外部コマンドとして呼び出すプログラムは,Markdown 記法と上位互換の MultiMarkdown を利用する.ほとんどのものは元の Markdown 記法で足りるけど,表などの拡張が入っているので,それも使えるかもしれないというもくろみ.こちらは MacPorts にあったのでそれを利用.

sudo port install multimarkdown

Emacs の設定ファイルに下記を記述.

(autoload 'markdown-mode "markdown-mode.el"
   "Major mode for editing Markdown files" t)
(setq auto-mode-alist
   (cons '("\\.md" . markdown-mode) auto-mode-alist))
(setq markdown-command "/opt/local/bin/multimarkdown")

拡張子 .md でファイルを開くと markdown-mode が起動する.

Markdown 記法でドキュメントを書いて C-c C-c m すると,別バッファに HTML にコンバートした結果が表示される.C-c C-c e すると,拡張子を .html にしたファイルをカレントディレクトリに出力する.

1 comment — post a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.